シミ対策に効果的な成分とは?7成分にまとめました。

シミ

シミに効果的な成分を知っておこう!

化粧品には様々な成分が疲れていますが、その中でもシミ対策に化粧品を使うのであれば、効果的な成分が入っている必要があるでしょう。

シミ対策に効果的な成分としては、美白有効成分があげられます。

メラニンの生成を抑えることで、日焼けによるシミやそばかすを防ぐことが認められています。

主なはたらきとしては、メラニンを作る働きを抑制して、シミの予防に働きます。

また黒いメラニン色素を白くしてシミを薄くする、肌のターンオーバーを促し、皮膚にたまったメラニンを排出するなどの作用があげられるでしょう。

どの作用をもつかに関しては、種類ごとに異なるので、種類と特徴を把握することが大切です。

ビタミンC誘導体

よく使われている美白に有効なものとしてまず第一に挙げられるものが、ビタミンC誘導体です。

よく聞かれるビタミンCは非常に壊れやすいですが、これに改良を加え安定性や浸透性をアップさせたものです。

シミの発生を抑制したり、色素の還元、排出と三つの効果が期待できます。

プラセンタエキス

二つ目がプラセンタエキスですが、これは豚や馬などの胎盤などから排出するものです。

メラニンの生成を抑えたり、皮膚の代謝を促してシミの排出が期待できます。

ビタミンやアミノ酸などが豊富に含まれているので、肌荒れケアやエイジングなど幅広い活躍が期待できるでしょう。

アルブチン

三つ目はアルブチンで、これは植物が原料となっています。

新たなシミの予防が期待できるでしょう。

トラネキサム酸

四つ目がトラネキサム酸でこれは肌荒れ改善が期待できます。

元からあったシミを予防することが期待できるでしょう。

特に広範囲のシミや肝斑の改善にも有効であるため、皮膚科では飲み薬として処方されることもあります。

4MSK

五つ目は4MSKと呼ばれるもので、これは資生堂が開発したものです。

メラニンの生成を促す成分の活性を抑え、シミが発生するのを防ぐことが期待できます。

また現在あるシミを追い出す効果も期待できるでしょう。

カモミラET

そして花王が開発したものがカモミラETと呼ばれるもので、これはカモミールの花が原料となっています。

メラニンをつくる細胞の働きを抑える効果が期待できます。

カモミールには抗炎症作用や収れん作用なども期待できるので、肌荒れに対してもよくつかわれるものの一つです。

ハイドロキノン

最後にハイドロキノンと呼ばれるものです。

正式に有効であるとめられているわけではないものの、メラニン色素を薄くしたり、メラニンの生成を抑制するといわれています。

しかし刺激や肌荒れなどの作用の可能性も高いものであるため、初めて使う場合には、パッチテストをするなど確認するようにしましょう。