女性のヒゲ脱毛はどうしたらいい?おすすめのセルフケア

女性 ヒゲ処理

女性のヒゲ脱毛について

女の人のヒゲや脱毛はどのように処理したらよいでしょうか。

これは女の人にとっての永遠の悩みでもあります。

自分の家で普通のシェーバーや電気シェーバーを使って毛を抜いたり、またはカミソリ或は毛抜きを使って処理する人も多いことでしょう。

これらのツールを使うのは手軽で、コストもあまりかからなくて便利な反面、問題もあります。

脱毛のツールや注意点

ツールで一番効果的なのは肌に優しい電気シェーバーと言えます。

毛抜きを使ってしまうとこれを使う本人が毛を抜く時に痛みを感じるばかりでなく、肌を傷つけやすくなり、埋没毛になってしまう可能性もあります。

埋没毛

埋没毛とは皮膚の中に毛が埋まってしまう状態のことです。

そのほかに皮膚の中に或いは菌が入ってしまって毛嚢炎になることもあります。

毛嚢炎

毛嚢炎とは自己処理後の傷から毛穴の奥に細菌が入ってしまうことで、これにより炎症を起こし肌にブツブツが生じてしまうもので、毛抜きはを使って抜くのはやめたほうがいいでしょう。

それから剃毛する時にお風呂に入っていたりシャワーを浴びた時に剃毛する人が多いようです。

しかしこの時はお湯で柔らかくなった肌やふやけた肌に、カミソリや電気シェーバーなどの刃をあててしまうと、肌の表面をを傷つけてしまいがちです。

カミソリや電気シェーバーなどで剃毛するなら、お風呂からあがって少し体が冷えて、肌がそれほど柔らかくない状態で行うことをお勧めします。

最近のカミソリは以前のカミソリと比べて、肌を保護する機能が進化しています。

それでも、毎日剃毛すると肌に負担がかかってしまい、トラベルの原因となってしまいますから気をつけてください。

カミソリ負けに気をつけよう

カミソリで肌を痛めてしまうのはムダ毛を一気に剃ろうとする気持ちが無意識に働いて、肌に力がかかってしまうからです。

剃る時は1cm程度に小刻みにムダ毛を剃るのがコツです。また毛を剃る方向も重要です。

肌に負担をかけないように毛の流れにそって上から下へと剃ることが大切なポイントになってきます。

毛を剃る前と剃った後は、ワセリンやクリームなどを使って、保湿を必ず忘れずに行ってください。

誤った剃り方で剃ったり、剃る頻度が多かったする場合や毛抜きで抜いたりしてしまうと、皮膚表面の角質層を傷つけてしまったり、皮膚が炎症してできる赤いポツポツや黒ずみの原因となったりします。

剃毛前後の保湿をしっかりする、ムダ毛を処理する頻度を減らすなどして、なるべく肌に負担をかけないようにすることが大事です。

もし肌に問題が起こった場合は自己流の処理の仕方をやめて、薬で治療したり皮膚科の専門医に相談してください。

自己判断は危険です。

ムダ毛処理後には肌の保湿を忘れずに

ムダ毛処理を自分でやっても、プロにしてもらうにしても、肌トラブルが起こらないようにするためには、普段のケアとアフターケアを十分に行うことが非常に大切で、特に大事なのが肌の保湿です。

それが十分ではなく乾燥していると、ツールで傷ついてしまったり、脱毛したときに肌のトラブルが起こりやすくなってしまいます。

クリームやワセリンも自分の肌に合ったクリームやワセリンを用いるようにしましょう。

脱毛は専門店に任せるのもあり

もし女性のヒゲ処理に関して肌トラブルなどが発生している、肌に対しての自分なりの悩みがあるなら、やはり脱毛の専門機関に相談することに越したことはありません。

最近は女性の脱毛を取り扱う専門機関の数は、昔よりも格段に増えて同時にこの方面の広告が盛んに行われるようになったことで、以前ではあまり知らなかった脱毛に関しての知識を知る機会が多くなりました。

またこの業界の競争が激しく、どの会社も価格競争で、以前とは比べものにならないほどの手ごろな値段で施術が受けられるようになりました。

一昔前は自己で処理することが主流だったムダ毛に対するイメージも少しずつ変化し、それに対する女性の考え方がしだいに変化してきて、今や脱毛は女性にとって普通の施術だと考えられるまでに至りました。

ムダ毛に関しては、従来まで自己処理で済ませていたり、脱毛サロンが高額で行く機会のなかったりしていた人が、サロンに行ってプロによる処理を手軽に受けられるようになった今では、それらの専門機関に相談することも一つの方法です。

女性にとってヒゲの悩みは深い

女性のヒゲの処理に関する悩みは、他人には言えない女性の悩みでもあります。

正しい知識と方法を知って時には専門家に相談するのが良策と言えるでしょう。

脱毛サロンも数多くて、どれが自分に適しているかわからないと言う人は、ネットの情報で評判や口コミでその店の状況を知ったり、また家族や友人のアドバイスで店を選んでみるのもいいかもしれません。

とにかく自分一人で悩んでいないで、専門家の助けを借りるのが何よりです。

諺にもあるように餅は餅屋です。その道の専門家に話を聞くと、今まで自分が知らなかったことが理解できて、必ずメリットがあるはずです。

思い切って脱毛サロンの戸を叩いてみましょう。積極的になることをお勧めします。