ほうれい線が気になり始める40代。おすすめの対策法とスキンケア

ほうれい線

40代からいきなり増え始めるほうれい線を消したい…

40代を境に増え始めるほうれい線は、小鼻の横から口角にかけて、とても目立つ部分に発生するのがネックです。

1本の線が入るだけで、見た目が老けて見えてしまいますから、なるべく薄く目立たないようにしたいものです。

ほうれい線を含めたシワの主な原因は
肌を支えているコラーゲン、あるいはエラスチンの減少です

コラーゲンやエラスチンは、加齢と蓄積されてきた紫外線の影響によって、次第に量が減ったり性能が低下していきます。

シワや乾燥が小ジワを増やしたり、たるみを引き起こして老け顔を加速させますから、コラーゲンとエラスチンを減らさないように対策することが大切です。

どれだけ小さくてもシワを増加させない、その心構えと対応こそが、40代から目立つほうれい線の対策になります。

皮膚が重力に負けてたるみが進むと、そこにシワが生じてほうれい線もクッキリと出てきます。

ただ、既に現れ目立ち始めているとしても、ほうれい線を諦める必要はないです。

対策はいつでも始めることができますし、40代でも決して遅くはないといえるでしょう。

むしろ20代や30代でたるみが始まっている方が気になりますし、シワや乾燥をそのまま放置することが問題です。

40代は日頃のケア、これまでの蓄積が表面に現れる年齢なので、自身と向き合って対応を始めるのが得策です。

ほうれい線対策におすすめの対策法とは?

噛み合わせや歯並び、表情のクセを見直す

ほうれい線対策でおすすめなのは、噛み合わせや歯並び、表情のクセを見直すことです。

シワは顔の動きに合わせて生じたり目立ちますから、口の動きでほうれい線が目立つようなら、噛み合わせと歯並びを見直すのが正解です。

噛み合わせに問題があったり、歯並びが乱れていると、口を動かす度に表情にクセが出てしまいます。

それがやがてほうれい線を加速させるので、早めに表情のクセを見つけたり、原因を特定して直すことが重要です。

普段から表情に気をつけていてもほうれい線が目立つ場合は、口腔内に原因があると考えて、噛み合わせや歯並びを見直すのが良いでしょう。

口周りの筋肉を鍛えよう

口周りの筋肉を鍛える、これもほうれい線対策の1つとして有効ですし、肌を支える土台の若さを保つことが表情の若さにつながります。

筋肉は使わないと簡単に衰えますが、顔の筋肉も例外ではなく、やはり表情の変化に乏しいと途端に老けて見えてしまいます。

あまり顔に力を入れすぎるのも考えものですが、常に仏頂面で滅多に笑わなければ、それはそれで筋肉が衰えてシワが増えることになるでしょう。

だからこそ口周りの筋肉を鍛えることは有効で、たるみが軽減されるとほうれい線も薄くなります。

1日あたりのトレーニングが短時間でも、毎日習慣化して少しずつ取り組みを続けると、顔にハリが出てきて見た目の年齢が変化していきます。

表情筋エクササイズは適度に行う

表情筋エクササイズは、顔の筋肉などの緊張をほぐし、コラーゲンやエラスチンに刺激を与えて表情を柔らかく保つのに有効です。

力を入れたり無理に引っ張ると、肌がダメージを受けてしまうので、あくまでも優しく適度に行うのが賢明です。

シワが増えたりほうれい線が目立っている状況だと、肌が弱っているので無理は禁物です。

しかし、適度な表情筋エクササイズはほうれい線を薄くしたり、発生しても目立たなくなります。

美容ケアと併用できますし、取り組みの1つとして効果的ですから、総合的なほうれい線のケアにとりいれてみる価値ありです。

リンパマッサージも有効

リンパマッサージは血行促進とは違うアプローチで、肌の状態を改善したり、老化によるほうれい線を回避することができます。

リンパには余った水分や老廃物を回収する役割があって、血液とは違った働きで細胞の活動をサポートしています。

ところが、リンパの流れが悪くなると、水分が回収されずにむくんだり、老廃物が長時間留まって悪影響を与えます。

むくみや老廃物は、肌のたるみを助長させる切っ掛けになるので、速やかに解消することが望ましいです。

リンパマッサージなら直接リンパの流れを改善できるので、むくみが気になる時の対策として役立ちます。

顔のラインだったり、頬や首筋に優しく指を当てて軽く押したり滑らせるように刺激を与えると、停滞していたリンパの流れが動き出します。

美顔器を使うとカンタン

美顔器を使う方法は、ほうれい線対策としては非常に簡単で、しかも失敗の恐れが小さいのが魅力的です。

美顔器はテレビを見ながら、音楽を聴きながらなど、ながら作業でほうれい線ケアをできることがポイントです。

忙しくてもケアを忘れずに済むので、ほうれい線対策の時間が取れない方にこそ適しているといえます。

手頃な製品は物理的にシワを伸ばすのに有効ですが、コラーゲンやエラスチンの産生に関する刺激も与えられます。

温熱や電気的な刺激がある美顔器も、肌の奥に刺激を与えることを目的に開発されているので、使えば使うほどほうれい線対策になります。

ただし、どの方法もやりすぎは却って逆効果ですから、少し物足りないくらいに留めておくのがベストです。

肌の表面だけでなく、見えない部分にも意識を向けたり対策を始めると、シワやたるみの原因が改善され、ほうれい線も薄くなっていきます。

ほうれい線対策におすすめのスキンケア・美容液成分

ほうれい線対策では、スキンケアを欠かすことができませんから、有効な美容液成分に着目してケアにとりいれましょう。

化粧品でおなじみのビタミンC誘導体は、肌の悩み全般に役立つ優れた成分で、シミやそばかすとニキビにも有効性を発揮することで知られます。

年齢肌にも有効だと認められていますから、ビタミンC誘導体をケアに活用しないのは勿体ないです。

ビタミンC誘導体は線維芽細胞に作用することで、コラーゲンの産生を促したり、エラスチンにも働きかけるのでほうれい線対策で頼りになります。

即効性はありませんが、毎日継続的に使用すると、ターンオーバーに合わせて肌質の改善が見られるでしょう。

何事も早めの取り組みと継続が大切ですから、諦めずに続けるようにしたいところです。

スクワランは小ジワに有効

スクワランは小ジワに有効とされる成分の1つで、主に乾燥によって目立つシワの改善に役立ちます。

加齢で肌の乾燥が加速すると、水分が減少して弾力が損なわれたり、ハリが低下してシワやたるみが目立ちます。

スクワランのスキンケアを行うと、不足しがちな水分が補われますから、ハリが戻ってシワが薄くなります。

たるみも改善されるようになれば、それに伴いほうれい線も目立たないほどに改善されるはずです。

嬉しいことに、スクワランはシミやそばかすといった、肌のダメージも改善してくれる優れものなので見逃せないです。

シワが改善されて肌が柔軟性を取り戻せば、ほうれい線も改善につながることになります。

レチノールはシワに効果的

レチノールは、表皮角化細胞においてヒアルロン酸の産生を促し、表皮内の水分を増やして肌を柔らかく、シワを改善へと導く成分です。

シワの発生原因を潤い不足と考える場合、肌を支えているヒアルロン酸の減少は無視できない問題です。

その点、レチノールはシワやほうれい線に直接的な影響を与える、表皮の水分量を左右するヒアルロン酸を増やします。

ヒアルロン酸そのものではなく、自らヒアルロン酸を生み出すわけでもありませんが、間接的とはいえ水分量を増やすように働きかけるのは本当です。

年齢を感じさせない若々しさを保っている方は、このように水分を取り戻す美容液成分でスキンケアを行っています。

セラミドは保湿効果が抜群

セラミドは元々、角質層に存在している成分で、主に保湿の役割を担っているのが特徴です。

厳密にいえば、細胞と細胞の間に位置する細胞間脂質、その細胞間脂質を構成している成分の一種です。

加齢でセラミドが減少すると、細胞同士の結びつきが弱くなって、肌のバリア機能が低下します。

乾燥が加速したり肌トラブルが起こりやすくなるので、セラミド不足は軽視できない問題となります。

バリアは、外部からの刺激を守る役割を持ちますが、同時に水分が蒸発するのを防ぐ意味もあります。

セラミド不足が進むと、やがて肌は過敏な状態になって、いわゆる敏感肌が気になり始めるでしょう。

弱い刺激で炎症が起こったり、吹き出物が発生しやすく治りにくくなるなど、ほうれい線だけでなくとても厄介なので、肌のセラミドを補うことが肝心です。

EGFはターンオーバーの乱れを改善

EGFは細胞の成長を司る因子で、ターンオーバーの改善とそれに伴うスキンケアに有効とされます。

日本語で上皮成長因子ともいうEGFの働きは、肌の表面を覆っている表皮細胞の成長促進が主なものです。

体内で作られるたんぱく質の一種でもあって、ターンオーバーに関係していることが分かっています。

EGFの減少は肌の老化に直結するので、ほうれい線が目立ったり肌トラブルが噴出します。

外的な刺激やダメージにも弱くなりますから、EGFを不足させないように与えてあげることが大事です。

いずれも異なるタイプの成分ですが、肌に良い影響を与える可能性を持っているのは共通で、美容液に含まれたりスキンケア分野で実績を積み重ねているのは確かです。

ほうれい線対策をするにはいつからがベスト?

ほうれい線対策のタイミングは、どの時点で始めるのがベストかというのが悩みの種です。

40代からのほうれい線対策も遅くないので、思い立った時が吉日だといえます。

40代のほうれい線対策は、年齢を考慮した加齢による影響に関するケアが効果的です。

ただ40代は加齢が速く進むので、できるだけ早めに気がついて対策を始めるのが理想です。

早ければ早いほど、その分改善に必要な期間は短くなりますし、短期間でポジティブな変化が確認できる可能性が高まります。

乾燥肌の方は早めに対策をしよう

乾燥肌の方は20代からシワ対策をするのが、将来のほうれい線を防ぐ意味でポイントとなります。

20代は肌の弾力や柔軟性こそ問題なくても、乾燥は発生する可能性がありますし、放置を行えばいずれ影響が出てきます。

乾燥状態が一時的なものであっても、シワ対策の積み重ねが今後の肌質を左右しますから、乾燥肌の方は40代がまだまだ先だとしても今から対策を始めましょう。

30代からほうれい線のケアをはじめておくとベター

30代のうちからケアをしておく早めの対策は、40代でいきなり増えて驚くこともある、ほうれい線のショックを軽減するのに有効です。

急にトラブルが生じて慌てても、直ぐに対策を開始することは難しく、簡単に問題を解決できるほど容易ではないです。

その為、ほうれい線対策を本気で考えるのであれば、時間的な余裕がある30代のうちからケアをしておくのがベストとなります。

理想をいえば20代からですが、乾燥肌でなければ焦らなくても良いでしょう。

40代からのほうれい線対策のまとめ

40代からのほうれい線対策は、マッサージやエクササイズのしすぎは厳禁で、程々に留めておくのが無難です。

ストレスや睡眠不足が肌年齢につながるので、適度な運動やストレス発散と、早めに就寝する生活習慣の見直しをしましょう。

食事から美容成分をとりいれる、これが栄養補給の基本で、不足しやすいものを他の方法で補うようにした方が良いです。

食事の偏りや暴飲暴食は、ほうれい線に限らず美容の大敵ですから、バランス良く肌に良いものをとりいれるようにする心構えが肝心です。

とにかく保湿と血行促進が大切で、保湿はシワや弾力にも関わりますから、肌の内側から潤いを保てるようにケアを心掛けましょう。

血行促進は健康にも関係する重要なポイントで、細胞の働きに影響してくることから、冷えや血行が悪化する生活習慣は避けたいものです。

血行が改善されて良くなると、毛細血管の隅々に至るまで血液が流れて、細胞にとって必要な栄養素が行き届きます。

肌も細胞の集まりでできていますから、血行悪化による栄養不足は問題ですし、逆に血行を改善していけばほうれい線対策に結びつきます。

リンパも流れが悪くなるとほうれい線ができやすくなったり、溝が深くなって余計に目立ちます。

血行の改善はリンパの改善にもつがるので、総合的にトータルでケアを行うのが効率的です。

肌に直接刺激を与えるマッサージや、表情やシワに関係している筋肉のエクササイズは、短期集中ではなく適度な継続が一番です。

ストレスを減らし睡眠不足を解消したり、美容に良い成分を食事でとるようにすることと、保湿や血行促進がほうれい線対策の鍵を握ります。