33歳、生理不順と冷え性で悩んでいた私が90日で妊活卒業。不妊専門クリニックでもオススメの妊活サプリとは?

私は
5年間交際してきた旦那さんと
3年前に、結婚しました。

結婚してからの1年目は
新婚生活を楽しみたいと子供ができるまでの間は2人の時間を大切にして過ごしてきました。


『そろそろ、子供が欲しいよね。』

と、お互いに考え始めて
結婚から2年目に妊活に取り組むことに。

毎日
基礎体温を測ってアプリに入れたり
なるべく仕事を早く切り上げて、夫婦の時間を作るようにしました。

ただ
私は以前から冷え性で生理不順もあり
生理痛がひどかったり、仕事が忙しいと生理がなかなか来なかったりと

なかなか
思い通りに妊娠することができなかったのです。

旦那さんに
『やっぱりまた、生理がきちゃった』

と、伝えると
『そうなんだ…また次も頑張ろう』

旦那さんが
そんな私を焦らせまいと理解してくれることが唯一の救いでした。

綾子
綾子
著者:森山 綾子

都内の大学卒業後、20代はウェブデザインの仕事一筋。

31歳の時に5年付き合った夫と結婚。

それから2年後、妊活に挑戦しました。

しかし、なかなか妊娠できなくてあせる日々・・

妊活が長引くほど焦る日々・・


そんな日々に
私自身は内心焦っていました。

『このまま
子供のいない家族なんて嫌・・』

『なんで5年も付き合ったの?
もっと早く結婚しておけばよかったのに』

『旦那がもっと早くプロポーズしてくれたら
こんな想いをしなくてよかったのに』

と、つい旦那さんにまで
八つ当たりをするようになっていたのです。


ストレスが妊活に良くない。

そんなことはわかっているクセに
焦りが募って悪循環になっていました。

そんな時に
不妊で悩んでいる掲示板を見ていたとき


『やはり、ちゃんと不妊専門のクリニックで検査するべき。』

と、書かれていたのをみて

(・・・クリニックに行くなんて恥ずかしいし、私はまだそんな歳でもないから)

って
思っていたのですが

(気づけば
後2年で高齢出産になるんだ・・)

厚生労働省が発表している資料にもこう書いてある。
「35歳の出産は高齢出産になるから母体リスクが高くなる」
(参考:「妊産婦の診療の現状と課題」)

(よし
やはり一回は不妊専門のクリニックへ行こう・・
)

と、
渋々クリニックへ行く決意をしたのです。。

不妊クリニックで教わった
私の妊活が長引く理由とは?

クリニックに入ると
私と同じような年代の女の人がたくさんいて、待合室は混雑していました。

血液検査や超音波検査など
一通りの検査をしてから

医師の診断になった。
クリニックの医師とはこんなやりとりをしました。

『卵子の成長が弱いのかなぁ?
ちゃんとバランスよくご飯食べてる?』
女医
女医
綾子
綾子
『ご飯はちゃんと毎日3食食べてます。』
『なるほど。
栄養のバランスを考えてサプリメントなどは使っていますか?』
女医
女医
綾子
綾子
『サプリは飲んでます。
たしか、鉄分と葉酸のサプリです。』
『あ、鉄分と葉酸は摂っているのね、ビタミンとか亜鉛が摂れる食品、あと普段からサラダや野菜とか食べてる?』
女医
女医
綾子
綾子
『あー、野菜は最近食べてないです、、、ビタミンとか亜鉛も摂れているか怪しいです』
『鉄分や葉酸は妊娠するのに大切な栄養素だけど
ビタミン、ミネラルなどの栄養バランスが悪いとなかなか細胞にまで栄養が行き渡りにくくなるんだよね。
だから、卵子にも影響しているのかもしれないよ』
女医
女医
綾子
綾子
なるほど。。
妊活といえば葉酸って思っていたけど、それだけじゃダメなんだ・・


自分の妊活に対する知識不足を知りました。

あと
そのお医者さんがいうには

『実はね。
明治、大正時代、昔はみんな子沢山だったのは知ってると思うけど、40歳や50歳近くでも子供を産んでいる人が珍しくなかったんですよ。
女医
女医

 


(35歳以上の出産率の推移(1925年~2010年) 参考:『卵子老化の真実』河合蘭)
こちらのグラフを見ると、35歳~39歳の出産は1925年と2010年を比べると、1925年当時の方が3倍以上多く高齢出産をしています。

大正14年では、45歳以上の母親から生まれた子供が18,037人と現在の21倍も多かったのです。

『もちろん
35歳以降の妊娠、出産は母体リスクもあるから早めに妊娠した方がいいでしょう。

現代人は
添加物とか加工食品、着色料など身体にとって嬉しくないものをたくさん食べていて

身体本来の機能が低下している人も増えているし、ガンになる人も年々増えている。

人間は口にするもので身体ができているから、妊娠するには安全な食品や栄養のバランスは大切なのよ。

自分の好きなものや食べたいものを少し抑えてもらって身体が喜ぶものを口にしてくださいね。

女医
女医



(大正時代の女性が現代女性より高齢出産しているなんて初耳だった。

うーん、身体にとって喜ぶものか。。)

私が
クリニックで紹介されたサプリとは?

そして
そのクリニックのドクターから紹介されたのが、妊活専門の管理栄養士さんが作った

今なら3大購入特典付き

makana(マカナ)

という妊活サプリです。

この
makana(マカナ)というサプリを紹介された時に

綾子
綾子
『なぜ、有名なエレビットとかじゃなくてmakanaなんですか?』

と、聞いてみたところ

makana(マカナ)は厚生労働省が摂取を推奨している葉酸の他にマカ、鉄分、亜鉛、スーパーフードともいわれるスピルリナ、近年注目されているミトコンドリアに着目した還元型コエンザイムQ10なども含まれているの。』

『これらのような妊活に必要な栄養素をただ盛り込んでいるだけじゃなく、GMP工場という厚生労働大臣が定めた品質管理ができる工場で作られているのがポイントなの。』

『実は、大手メーカーが作る妊活用のサプリメントはほとんどがGMP認定ではなく、卵子を老化させる原因といわれている添加物や化学物質などが含まれている可能性があるので市販のサプリメントはあまりおすすめしてないわね。

女医
女医
綾子
綾子
『そうなんですね・・私はマツキヨで買ったサプリを飲んでました・・』
『そもそも
大正時代や明治時代に添加物や化学物質で作られているような食べ物はなかったじゃない?

昔と同じように無添加で安全性が高く、そして妊娠するために必要な栄養素をまとめて摂るならmakana(マカナ)がオススメなんです。』

女医
女医
綾子
綾子
『なるほど、無添加で栄養満点ならmakanaなんですね。』

お医者さんがmakana(マカナ)を強く勧める理由がお腹にストンと落ちました。

makana(マカナ)の特徴とは?

どうやら、あとあとmakana(マカナ)について調べてみると・・

①厚生労働省とタイアップしている妊活サプリだったw

マタニティーマークとタイアップしてる妊活サプリはmakana(マカナ)だけなんです

②妊活を卒業したママさんの口コミにより累計100,000袋突破

makana(マカナ)がここまで売れたのは先輩ママが子宝に恵まれたからなんです

③不妊治療クリニックの現役産婦人科医が推奨する妊活サプリ

不妊治療クリニックでも取り扱いが増えている妊活サプリなんです

④妊活専門の管理栄養士が全面監修し、計算し尽くされた成分配合

日本人女性の身体を知り尽くした管理栄養士が最適な栄養素を過剰摂取にならないように配合

⑤厚生労働省が定める基準をクリアした栄養機能食品

鉄やビタミンだけでなく13種類もの栄養成分で栄養機能食品の基準値を達成しているんです

確かに
これなら続けてみたいなーと思ったのがmakana(マカナ)でした。

makana(マカナ)が気になって
さらにネットで口コミを詳しく調べてみたところ・・

マカナで妊活を卒業したママさんからの口コミ情報がたくさん!

①妻35歳、夫39歳のご夫婦

第1子目、妊活を始めて2ヶ月(タイミング法)、ご夫婦で飲用、マカナ飲用歴2ヶ月。

②妻41歳、夫36歳のご夫婦

第1子目、妊活を始めて25ヶ月、不妊治療を始めて25ヶ月(タイミング法→人工授精→体外受精)、マカナ飲用歴2ヶ月。

③妻32歳、夫28歳のご夫婦

第1子目、妊活を始めて2ヶ月(タイミング法)、ご夫婦で飲用、マカナ飲用歴2ヶ月。

④妻34歳、夫34歳のご夫婦

第1子目、妊活を始めて12ヶ月ご夫婦で飲用、マカナ飲用歴5ヶ月。

(引用元:#妊活葉酸サプリのマカナのクチコミ)

綾子
綾子
『私と同じような年代でも
makana(マカナ)で妊娠できた人がたくさんいる!

しかも、飲み始めて2ヶ月くらいで結果が出てる人が多い!

安全性の高いオールインワンサプリはmakana

実際にmakana(マカナ)の中身をみてみました。

今まで
飲んできた葉酸サプリは

『カプセル・錠剤は大きくて飲み込みにくい』

という感じで
ボリュームがあって飲むのがつらかったんです。

その点
makana(マカナ)は
粒が小さいので飲み込みやすく設計されていてよかったです。

加えて
妊娠中にもmakana(マカナ)を飲むことで

お腹の赤ちゃんの発育をサポートしたり、つわりで食欲が出ないときの栄養補給にもなるということから

・つわりであんまり食べられない時でも、飲みこみやすいサイズ

になっているんです。

これにはちょっと
納得というか、関心しちゃいました。

makana(マカナ)が
なぜ「オールインワンサプリ」といわれるのか調べてみると・・

①国産マカ


マカは妊活の王様といわれるほど、女性にとって嬉しい成分が詰まっています。
また、マカは日本スーパーフード協会に認定されたスーパーフードでもあります。
makana(マカナ)に含まれる日本産マカはペルー産のマカと比べると成分力があるのが特徴です。

特に
⑴アルギニン
ペルー産マカに比べて4倍

⑵ベンジルグルコシノレート
ペルー産マカに比べて10倍以上

⑶リジン
ペルー産マカに比べて1.7倍以上

⑷プロリン
ペルー産マカに比べて2倍以上

やはり
海外産よりも国産のマカの方が栄養価だけでなく信頼性が高いといえますね。

②金時しょうが


寒さに負けない体づくりには生姜が良いのはご存知の方も多いでしょう。

makana(マカナ)に含まれる金時しょうが

一般的な生姜の約4倍の活性成分を含むとされています。

平成24年に厚生労働省が出した資料『知っていますか? 男性のからだのこと、女性のからだのこと』によると女性はカラダを冷やさないことが妊娠に必要なポイントであると伝えています。

③葉酸


葉酸は厚生労働省によると母子の健康のために「サプリメントから葉酸400μgを妊娠前から毎日(少なくとも妊娠の1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月まで)摂取」することを推奨されています。

しかも
makaka(マカナ)に含まれる葉酸はモノグルタミン酸型の葉酸のため、体内利用率の高い葉酸を使用しています。

④ビタミン、ミネラル類


makanaには29種類のビタミン・ミネラルを配合しています。
その中でも鉄、亜鉛、ビタミンD、ビタミンEは妊活に欠かせない栄養素です。


子宮内膜を含め粘膜を作る材料として必要な鉄は管理栄養士が食事からの摂取量も計算し、過剰摂取とならないよう8.7mgの鉄を配合しています。

亜鉛
女性ホルモンの働きにより、子宮内膜を作り保つ働きがあります。
makanaには管理栄養士が過剰摂取にならないように5.3mgの亜鉛を配合しています。

ビタミンD
女性の生殖にとても重要な栄養素です。

ビタミンE
ビタミンEは別名「トコフェロール」と言い、ギリシャ語でtocos「子供を産む」、phero「力を与える」という言葉の由来があるといいます。

つまり、ビタミンEは妊娠ビタミンともいわれ、妊娠力アップにとても大事な成分なのです。

⑤アミノ酸


makana(マカナ)にはアミノ酸を21種類配合しています。

アミノ酸とはたんぱく質の構成要素で
「卵子の老化に負けない妊娠体質に変わる栄養セラピー」という著書ではたんぱく質多めの食事を推奨しています。

特に女性は意識しないとたんぱく質の多い食生活にはなっていないことが多いので
makana(マカナ)でバッチリと補充することができます。

⑥ファイトケミカル


makana(マカナ)では23種類のファイトケミカルを配合。
普段の食事では取りにくいファイトケミカルも妊活において重要な役割を担っています。

⑦スピルリナ


スピルリナ日本スーパーフード協会に認定されたスーパーフード
そのスーパーフードの中でも特に優れた食品であるため、スーパーフードの王様と呼ばれています。

WHO(世界保健機関)、NASA(航空宇宙局)、JAXA(日本宇宙航空研究開発機構)、FDA(米国食品医薬品局)、FAO(国際連合食糧農業機関)など、各分野の専門機関でもスピルリナの有用性を絶賛しています。

⑧DHA、EPA


DHA・EPAは主に魚の脂から摂れるオメガ3系脂肪酸に分類される不飽和脂肪酸であり
厚生労働省でも摂取を推奨している栄養素です。
性ホルモンの生成サポートが期待できるので妊活にとって重要な成分です。

⑨GABA


GABAはアミノ酸の一種で
妊活中の焦りやイライラ対策やリフレッシュ対策のサポートに期待が持てるとされています。

最近では機能性表示食品のチョコレートにGABAが含まれていて
仕事中のイライラ対策にもGABAを活用している方も増えています。

⑩α-リポ酸


α-リポ酸細胞中のミトコンドリアに存在し、その働きのサポートが期待できる成分です。
ただし、加齢とともに体内で作られる量が減少してしまうため、α-リポ酸を配合しました。

妊活にミトコンドリアサプリがいいと聞いたことがあると思いますが、makanaはオールインワンサプリとしてミトコンドリアの活性サポートまでカバーしている唯一の妊活サプリなんです。

⑪還元型コエンザイムQ10


makana(マカナ)に含まれるコエンザイムQ10はより高品質な還元型。
還元型コエンザイムQ10は通常のコエンザイムQ10よりも体内活用率が段違いに異なります。
こちらもα-リポ酸と同様にミトコンドリアをサポートしてくれる重要な成分とされています。

⑫国産野菜、フルーツ


makana(マカナ)には30種類の野菜とフルーツを配合しています。

大麦若葉、ケール、さつまいも、ほうれん草、南瓜、人参、桑の葉、大葉、マカ、ぶどう、トマト、ビルベリー、茶葉、グレープフルーツ、小麦麦芽、パパイヤ、パイナップル、にんにく、いちご、りんご、さくらんぼ、ブロッコリー、キャベツ、オレンジ、ブランクカラント、アプリコット、玉ねぎ、オリーブ、きゅうり、アスパラガス

これら30種類を食べるのは大変ですが、makana(マカナ)を飲むだけで効率よく栄養素を吸収することができます。

makanaは妊活にいいとされるこれらの栄養素を
バランスよく取り入れることができるのでまさに黄金配合。

あんな小さな粒にこれだけの
体が喜びそうな成分が詰まってるんです。


makana(マカナ)は妊活サプリ・葉酸サプリ・マルチビタミンサプリ・マルチミネラルサプリとして1袋4役こなします!

今まで
鉄分と葉酸などわざわざ分けて買って飲んでいた人でも

makana(マカナ)を飲めば
妊活中の女性に嬉しい栄養素がまとめて摂れるのがいいところ

そして
クリニックの先生に勧められたのもあって
makana(マカナ)を飲み始めたんです。

makana(マカナ)を飲み始めてついに・・

makana(マカナ)で授かりました

ついに
私はmakana(マカナ)を飲み始めてから
3ヶ月ちょっとで妊娠することができました。

makana(マカナ)を飲み始めて
1ヶ月目は何も変化を感じませんでしたが
2ヶ月目あたりから冷え気味だった身体がポカポカしてきて
3ヶ月目くらいにはすごく身体の調子の良さを感じていたのです。

妊娠中は逆子だったり
陣痛が早めにきちゃったりで色々と大変だったけど

そして
長男くんを無事出産!


今では
こんなに大きくなりました^_^

私は
妊活って
すぐ終わるもんだと思ってました。

でも
なかなかうまくいかなくて
その時は本当につらかった。

私と同じように
こんなつらい思いをされている人に何か良いヒントになればと思って、makana(マカナ)というサプリをおすすめさせていただきました。

定期購入はいつでも解約できるので1袋からでも安心してお試しできます

私が妊娠するまでに
どれくらいかかったか?

makana(マカナ)
初回価格が3,980円で
2回目以降が5,980円です。

私が妊娠するまでに
makana(マカナ)を飲み始めてだいたい3か月〜4か月かかったので

3,980円と5,980円×4か月で
合計27,900円でした。

金額だけ見ると少し高いかなと思うのですが
子供が生まれてくる感動に比べたら、お金に代えられないものがあります。

1日あたりにすると220円ほどなので
旦那の夕食のおかずかおこずかいを減らせば全然いける金額です。

綾子
綾子
ホントは

旦那さんにもmakana(マカナ)を飲んでほしかったのですが

おかずを減らすと旦那さんの栄養が心配なのでおこずかいを減らして何とかしました笑。

妊活というより、健康を見直そう

身体って
食べてるものがそのまま身体の健康を作ってる。

明治時代や大正時代の女性は
きっと今より食べるものが少なくて、身体に合わないものを食べることすらなかったと思うけど

何を口にするかで
妊活だけじゃなくて健康的な自分になれるんだな
って感じました。

子供を産んでからも
子供に良い母乳を飲ませてあげられるように
makana(マカナ)を飲み続けています。

もちろん
口にするものも加工食品ではなく、素材だけで食べられるような物を選ぶようにしています。

冷えやすかったり、疲れやすかった体だったのが
イキイキ過ごせる毎日を今でも送っています。

自分の食生活を見直すことで
もっと健康的で自分らしくなれる。

今まで自分の健康を後回しにしてきた人にmakana(マカナ)は自信持って勧められるサプリです。

顧客満足度・口コミ・人気・支持率No.1の妊活サプリなら(ゼネラルリサーチ調べ)

追伸:私が妊活で学んだこと

1.人は自分が口にしたもので体を作っているということ

今まで
野菜や魚などを食べずに自分の好きなものや間食でお腹をいっぱいにしてきた。

特に
今の食事には添加物や保存料など昔の人が口にしていない物が多く含まれている。

食事や栄養が
体に与える影響の大きさに気づいた。

makana(マカナ)を飲み始めてから
栄養バランスが良くなって体の調子の良さに気づいたし

今では
食事バランスやどこでどのように作られている食べ物を食べたら良いのかを考えるようになりました。

特に
添加物とか加工品を口にしないようにしたのも良かったのかもしれません。

2.妊活にはストレスこそ悪影響。ちゃんと話せる専門家に相談しよう

妊活が終わらない限り
どうしても毎月一回、落ち込んでしまう。

焦りやストレスは
妊活に悪いし、健康にもよくない。

makana(マカナ)には
購入特典として不妊カウンセラーさんの無料相談がついている。

特に
私みたいに
なかなか相談する相手がいなくて困っていた人には不妊カウンセラーさんが必要。

クリニックのお医者さんは忙しそうだから
逆にこっちが気を遣っちゃうし。。

もし
誰にも相談できずに、ネットの掲示板を眺めているくらいなら
カウンセラーの人に相談した方が全然よかった。

3.なるべく早く妊活をはじめよう

35歳を過ぎて妊娠した人はたくさんいる。

でも
子供がほしいなら

私は
1ヶ月でも、1年でも早く妊活を始めた方がいいと思う。

年齢が高くなるほど
ダウン症のリスクは高くなるし、母体にも負担がかかる。

さらに
今だから言えるけど
子育てにかかる体力がキツイ。

妊活が教えてくれたことは
身体本来の健康を見直すことなんだと実感しました。

運営者

プライバシーポリシー