妊活ドラマの「隣の家族は青く見える」でわかるさまざまな夫婦や愛情の形

隣の家族は…は妊活がテーマのドラマ?

隣の家族は青く見える
妊娠に取りくんでいる人、これから取り組もうとしている人は妊活ドラマの「隣の家族は青く見える」をご覧になられている方が多いのではないでしょうか?

男と女で取り組む妊活への温度差というものはかならずあり、それは妊活を始めたばかりの時は余計にその傾向があります。

女性が妊娠を待ち焦がれて、男性に今日が排卵日だと知らせても、義務のようなセックスに気がのらない男性はわざと遅く帰ったり、接待を入れてお酒を飲んでしまったりと、協力しないで時をやり過ごしてしまうということもあります。

そういう男性に女性は寂しさを感じます。

隣の家族をうらやむことも

芝生
2018年に放送したフジテレビのドラマ「隣の家族は青く見える」は妊活に挑む夫婦だけでなく、子供を必要としない夫婦、子供を持つこともできないゲイのカップルなど、さまざまなパートナーシップがあり、隣の家族が青くみえても、それぞれで悩みを感じている部分や秘密を抱えている部分が次々と明らかになる、そんな見応えのあるドラマとなっています。

ちゃんと子どもがいて、幸せそうに見える隣の家族をうらやむこともあるのも事実です。

本当の家族の内情まではわからないのですが、よその芝生は青く見えると言う諺通り、自分たち以外の家族はみんな幸せそうに見えてしまいます。

実際は子供を必要としない夫婦もいます。

二人で仕事をバリバリして、やりがいをもって生きていくことを選ぶ夫婦や、すでにどちらかの連れ子がいて、愛情のかけ方に不安を持ったりするために、これ以上子供を持たないと決めているカップルもいます。

不妊で悩む夫婦は多い

悩みを持つ夫婦
そして、不妊で悩む夫婦というのも、結構な割合で実際はいます。

周りでどんどん結婚した夫婦が子供を授かっていくのに、自分のところはどんなに努力しても授からないということで、たいへんな劣等感や寂しさを感じています。

それなのに周りからは挨拶代わりのように赤ちゃんはまだなのと聞かれそのたびに辛い思いをしてしまいます。

なぜ、そんなデリカシーのない言葉かけを平然とするのか、それはたいていの人は子供が出来るということはいたって普通のことのようなのです。

でも、子どもが出来ない夫婦には本当に残酷な言葉です。

そんな言葉をかけてくる人を大嫌いになってしまうほどに、言われたくない言葉なのです。

なかなか子供が出来ていない夫婦には伝える言葉ではないと肝に銘じてほしいものです。

世の中には様々な人がいて、悩みも様々です。

プライベートなことは大切な人同士で分かち合っていくと安心です。

不妊で悩む人が共感

妊娠検査薬 不妊
妊娠していると思ったがしてなかった と、そう判った時の気持ちの落胆はすごいものです。

待ち望んでもちっとも妊娠しない、妊娠できないというのは、自分の体に何か異常があるのではないかと悩んでしまう原因になります。

妊活のための食事というものがよくインターネットで紹介されており、それらを一生懸命摂取したり、妊活にいい運動に取り組んだりと努力を重ねても、毎月生理がきちんと訪れて、今月もダメだったかと落胆します。

こんなに頑張って排卵日を予測したり調べたりして、狙っても赤ちゃんが出来ないとなると、これ本当に何か問題がある可能性が出てきます。

普通、2年普通に結婚生活を送っていても妊娠しない場合を不妊症と言っています。

そんな風に妊娠がなかなか成立しない人は結構たくさんいます。

それはストレスが影響している場合もありますし、先程言ったように名にか問題がある場合があります。

おそらく悩んでいる女性は自分の検査を婦人科で受けてみようと決意されるものですが、実際問題として男性側に問題がある場合も半数の割合であります。

男性の不妊検査もまた、婦人科検査と同時進行で行うとより、妊娠への近道になります。

男性の不妊検査

考える男性
男性の不妊検査は極めて簡単で、精液に精子がいるか、その数はどれくらいか、運動率はどれくらいかということを調べます。

痛みを伴うこともない簡単なものです。女性の婦人科検査についてはたくさんあります。

まずは子宮や卵巣がちゃんとあるか、きちんと機能しているかということを調べます。

そして、卵管も通りが悪いと排卵がうまくいかないのでそれについても調べます。

血液検査もしますし、なんども針を刺すこともあり、痛いことがあります。

その結果によってはお薬を飲んだり、注射をしたり、改善のための手術を受けることもあります。

妊娠は奇跡のようなできごと

妊娠 お腹に触れる女性
妊娠は当たり前で簡単にできるように思われることも多いのですがこのように何度も検査をして治療をしてやっと赤ちゃんを授かるということも実際には多く、授かることが出来ないことも決して珍しくありません。

まさに妊娠は奇跡です。

そしてそれが継続できて実際に出産まで行けるのは本当に恵まれた人たちです。

そういったことをすべての人が意識してほしいです。

そんな苦労を夫婦のどちらもが経験していくうちに夫婦の愛が深まることが多いのですが、そこにまだ温度差があるとするとうまくいかないこともありますし、周りの声というものにも少なからず影響されます。

すぐに子供を授かった人たちにはわからない苦労や悲しみがそこにはあります。

ドラマを見ている不妊で悩む人が共感し、くぎ付けになって次の展開が気になるのはみんな損亜悩みを抱えて苦しんでいるからです。

なんとか、その苦しみから抜け出したいと治療もステップアップしていきますが、費用と時間がかかり、そして体も心もつらくなっていくことが多いです。

赤ちゃんが授からなければ解消されることのないであろう苦しみです。

妊活には人それぞれのドラマがある

周りの人たちにどんどん赤ちゃんが誕生し、自分も早く吾が子に会いたいと努力を重ねますが、妊活には人それぞれのドラマがあるのです。

不妊治療のやめどき

夫婦で決断する
この本は松本亜樹子さんが書いています。

始めるのも終わるのも、夫婦がよく話し合って決めなければなりません。

体外受精などの医学の力をかりてもうまくいかないことはあります。

自然でない方法というのはやはり成功率も低く、受精卵というものが作れてもそれがおなかの中でしっかり育って赤ちゃんとなって誕生するという確率は極めて低いものです。

ですので、苦しみや悲しみをも乗り超えなければ赤ちゃんにはなかなか会えず、また、努力しても実らないということも普通にあります。

先がみえない不妊治療

先行きを悩む
夫婦で頑張って協力していてもどちらかが先に辛くなってきます。

しかし、究極の夫婦愛というものはすでに育っているはずです。

結果として子供を授からなかったとしても、夫婦がお互いを思いやり、必要と思えればそこからまた夫婦は始まります。

ふたりで仲睦まじく生きていくのはそれはそれでとても楽しく幸せなことです。

子供を持つために努力をしたその記憶はずっと心の中に残って、二人はとても仲良く、心を通じ合わせて生きていけるはずです。

そこまで、夫婦がたどりつけたのならば、それはそれでとても幸せです。とても強い信頼関係で結ばれている二人になっていることでしょう。

代理出産や養子縁組という方法もある

書類を書く
また、代理出産というものもあります。

子宮に問題がある人が、自分の卵子と夫の精子で作った受精卵をほかの女性のお腹に移植して、産んでもらうやり方です。

お腹は借りることになりますが、紛れもない、自分と旦那さんの子供です。

でも、戸籍には現在のところは養子と書かれてしまいます。出産した人が母親だというのが今の日本の法律です。

そしてまた、妊娠が叶わなかった人は赤ちゃんをもらうという養子縁組制度というものもあります。

何度も足を運び、勉強し、審査にも通らなければ認められない制度です。

それでも、赤ちゃんを育てたい人は考えてみると良い制度です。

世の中には育てられない環境で、出産する人もいます。赤ちゃんを選ぶことはできません。

妊活は夫婦のあり方を気づかせてくれる

妊活 夫婦 
妊活はまさに戦いです。

始まるとなかなか抜け出すことのできない戦いなのです。

でも、時々たちどまって自分の気持ちに正直になり、本当はどうしたいのかということを夫婦で話し合いながら進んでいかなければなりません。

合意のもとで結論をその都度出して、進んでいきます。

妊活をやめる日も来ます。

一番初めは漠然と赤ちゃんが欲しいという気持ちから始まって、その次はタイミングを計った方法で頑張ったに違いありません。

思い出せばすべて愛しい日々です。

この人の子供が欲しいと願うその気持ちが原点です。

それは眼の前の相手を愛していることからの強い想いでしょう。

でも、そのことばかりでは苦しいので、気分転換の時間もたくさん持った方がよいです。

夫婦でゆっくりお出かけを楽しんだり友達と旅行してみたり、また自分の実家で骨休めをするものリフレッシュできるでしょう。

話を聞いてくれる人がいると気持ちが楽になります。

意見せずに、ただ聞いてくれる人がいると話しているうちに気持ちがすっと軽くなり、気持ちの整理も出来る可能性があります。

妊活期間は早ければすぐに終わりますが、何年も続いてしまう可能性もあります。

息詰まってしまったら、いったん止めて普通の生活に戻るのもかえってよいです。

普通の生活に戻ることでリズムが整い、ストレスもなくなって体調がよくなる可能性もあります。

また、夫婦がお互いの大切さに気づき、もっと仲よくなれる可能性もあります。

妊活は夫婦に大切なものを見つけさせてくれるかもしれません。

周りの雑音を気にせず、自分の妊活と向き合う

授かりたい女性
妊活のためだけでなく自分自身のためにカラダに良いことをコツコツと行うと、体調は良くなってきます。

ストレスが妊活に悪いとはよく言いますが、ストレスのない生活というものはあり得なく、むしろ社会に出て働いていると気が紛れて良いことも多いです。

それは人それぞれで、家にいる方がとてもリラックスできるという人はその方がむいているのかもしれません。

周りの雑音というのは本当に面倒くさいものです。どういったら黙って見守ってもらえるのか、それがわかるようならば伝えてみるのも一つです。

しかし、なかなか理解が得られないのもよくあることです。雑音が多いところには意識して顔を出さず、自分のペースで毎日を過ごしていきましょう。

わざわざプレッシャーをかけられに行くことはありません。

妊活サプリやその他お守りなど、妊活グッズも最近はよく出ています。

効果があると思えるのならば試しに使ってみるのよいでしょう。

それだけ、待ち望んで妊娠が成立したあかつきにはきっと、子どもをとても愛するお母さんになれるはずです。