海外製の妊活サプリは日本人に合う?成分量が多いものは危険?

海外発の妊活サプリといえばエレビット

海外発の妊活サプリ エレビット
海外発の妊活サプリメントは数多くありますが、その代表といえばやはりエレビットです。

エレビットはドイツのバイエル薬品が作っている商品で、医師推奨のサプリの中でもトップクラスです。

世界的にも有名で、ヨーロッパも代表するドイツのバイエル薬品は、信頼されている医薬品メーカーの1つです。

日本でもエレビットは既に、全国の約700の医療機関で取り扱われている実績があります。

エレビットの特徴

医師推奨
エレビットの特徴としては、厳しい品質基準を満たしていること、そして葉酸が800μg配合されている点が挙げられます。

妊活において、前者は母子ともに安全や健康が重要ですから、厳しい品質基準が設定されていてもクリアしているわけです。

後者は妊活の成功率を高める為のポイントで、良質な成分を含んでいることに大きな意味があります。

葉酸が800μg配合、これは妊活における必要十分な数字だといえます。

医師推奨のサプリというお墨付きは、何より不安を感じやすい女性にとって興味を惹きます。

妊活サプリメント選びの目安にもなるので、海外発の妊活サプリメントを検討するなら、医師推奨のサプリでドイツのバイエル薬品のエレビットが基準となるでしょう。

ビタミンやミネラルなどの栄養素も入っていますから、一見するとバランスが良くパーフェクトに思わせる商品です。

エレビットは葉酸の量が多いといわれる

葉酸の成分量
葉酸は必須の栄養素ですが、同時に厚生労働省が推奨する葉酸摂取量というものがあります。

厚生労働省が推奨する葉酸摂取量は、標準的な日本人の健康が維持できる、安全かつ十分な量を摂る目安となります。

日本で葉酸量は1日400μgが基準なのに対し、エレビットは800μgですから、単純計算を行えば倍量だと分かります。

厚生労働省が推奨する葉酸摂取量はあくまでも目安なので、薬とは違い多少摂りすぎても健康リスクは小さめです。

しかし、葉酸には葉酸過敏症のリスクがありますから、なるべく推奨量を守って安全に摂ることが重要です。

食事からも葉酸の摂取は可能

食事からの摂取
食事からも葉酸は摂取できるので、基本的な食べ物から栄養素を摂取しつつ、不足分を妊活サプリメントで補うのが理想的です。

厚生労働省では、サプリメントからの葉酸の摂取は1日に900−1000μgと設定しています。

エレビットは日本の葉酸サプリメントに比べると、800μgと明らかに多いのですが、必ず葉酸過敏症が発生するとは限りません。でも、気になる人は控えめに摂取すると良いでしょう。

食事からも葉酸は摂取できる、この事実は葉酸の摂取量を増やしかねないポイントです。

エレビットは800μg配合ですから、他の食事で摂取を行わなくても、単品で厚生労働省が推奨する葉酸摂取量を超えます。

更に食事でも葉酸を摂取するとなれば、厚生労働省が推奨する葉酸摂取量を倍量どころか、それ以上の量を過剰摂取する結果に結び付きます。

この状況は葉酸過敏症のリスクを増大させますし、妊活の質や結果にも影響を与えるので、安易にエレビットは選択しないのが無難かもしれません。

葉酸量は1日400μgが基準、これが日本人に適した安全な摂取量で、食事からも葉酸は摂取できることを考慮して採り入れるサプリメント選びの目安です。

海外の妊活サプリの注意点

葉酸の過剰摂取
海外発の妊活サプリメントは、エレビットに限らず葉酸量が多めです。

葉酸過敏症のリスクは妊活の妨げになりますから、何としても避けるべきトラブルの種だといえるでしょう。

海外で高く評価されているエレビットは、欧米人の体格には無理のない葉酸量で、妊活の期待をサポートしていると考えられます。

元々日本人向けに開発された商品ではないので、普通に摂るとエレビットは800μgの葉酸量に達するのがネックです。

日本人がエレビットを選び飲む場合は、葉酸過敏症のリスクがあるかもしれないことをを理解して、選択したり摂取する必要があります。

少なからず食事からも葉酸は摂取できるわけですから、葉酸量は1日400μgが基準を念頭に、バランス良く安全に摂れるサプリメントを選ぶことが大切です。

サプリの栄養成分が多すぎてもよくない?

葉酸の過剰摂取
サプリメントは栄養の種類や成分量が多いイメージですが、栄養成分が多すぎても妊活や健康には良くないです。

過剰摂取は他の栄養不足を引き起こしたりするので、食事とサプリでちょうどよく摂取できる量を、バランス良く摂り入れることが目標となります。

妊活では、葉酸だけではなく亜鉛も重要な成分ですから、一緒に配合されている物を選ぶのが良いです。

葉酸だけでなく、逆に鉄分の過剰摂取も危険なので、ミネラル分のバランスも考慮するのがベストです。

脂溶性のビタミンは過剰摂取に気を付けて

サプリの量に注意
脂溶性のビタミンは水洗いにも加熱にも強く、食事で積極的に摂ることができる栄養素です。

水溶性のように溶け出さない性質ですから、食事の他にサプリメントも摂るとなると、ちょっとした油断で過剰摂取が起こりがちです。

食事とサプリでちょうどよく摂取できる量を心掛ける為にも、脂溶性のビタミン配合量に目を向けて、妊活サプリメントを比較することが肝心です。

配合量と摂取量に注意する

食事とサプリ
鉄分の過剰摂取も危険ですが、鉄分以外のミネラル分も食事に含まれるので、サプリメントも同様に配合量や摂取量を注意しましょう。

サプリメントに配合される栄養成分が多く、食事とサプリでちょうどよく摂取できる量を超えてしまう場合は、栄養の過剰摂取と共にバランスの偏りが生じます。

特定の成分が栄養不足になるとは限りませんが、バランスを崩して健康状態や妊活の成果には影響を与えます。

常に完璧な栄養バランスを保つのは難しいものの、摂りすぎが発生するよりは多少少なめの方が安全です。

葉酸だけではなく亜鉛も不足しがちなので、サプリメントで多く摂ろうとする人もいますが、サプリメントを使用すると簡単に摂りすぎが起こります。

サプリメントを比較したり検討する際は、配合内容やバランスを考慮して、不足している分を程よく補える商品を絞り込むのがコツです。

葉酸だけではなく亜鉛も、それに脂溶性のビタミンも豊富に含まれる商品を手に取りがちですが、普通に食事を摂っていれば不足分は限定的です。

まずは食事をベースにサプリメントをそれを補う程度に

食事をベースにサプリメントで補う
手軽さ故に、あまり内容を見ないで口にするのがサプリメントですが、一方では容易に過剰摂取が発生することも念頭に置くのがおすすめです。

原則としては1日3食の食事をベースに、妊活中に消費が早まる葉酸や亜鉛、脂溶性のビタミンを適度に補うのが健康的です。

食事を抜いた時はやや多めに、逆に特定の栄養を摂りすぎたり食べすぎたら、少なめに妊活サプリメントを摂取するとバランスが保てます。

体にどれだけ必要な物であっても、許容量を超える摂り方はアンバランスなので、食事とサプリでちょうどよく摂取できる量を目標に摂ることが不可欠です。

妊活サプリは国産がおすすめ?

妊活サプリは国産がおすすめ
妊活サプリメントは1度のお試しだけでなく継続が大切ですから、安全性の高い国産を選ぶのは合理的です。

人気度が高く手頃で買えるサプリメント揃いなので、どれを選んでも後悔したり損を感じることはないでしょう。

葉酸の配合量は基準値以内なので、海外発の妊活サプリメントとは違うリスクの低さや安心を感じさせます。