妊活にワインがいい?適量なら妊娠に効果的だといわれるのは本当?

不妊の悩み!妊活中に飲酒は厳禁?

身体を冷やす食べ物はNG
妊活を頑張っている女性は様々なイライラやモヤモヤをかかえています。特に、自分が好きなことを妊活のために制限されることはとてもつらいですよね。

でもそういう気持ちになってしまった時に「どうすれば良いの?」と感じている女性も少なくないのではないでしょうか。

今回は、そんな女性の悩みを1つ解決できればと思います。

健康な赤ちゃんを産みたいけれど飲酒が胎児に与える影響は?

妊活中にダメとされていることの1つであるのが、飲酒ですよね。

お酒が好きな人からすると飲めないというのはかなりツライのではないかと思います。

お酒と妊活の関係について少し説明します。

着床時期の飲酒は問題ないのか?

良い卵子の状態
妊娠中に大切と言われているのが、飲酒とストレスを溜めないということです。

妊娠中の飲酒は赤ちゃんに発育の遅れや、中枢神経の障害を伴う場合があり、妊婦の飲酒は避けた方が良いとされています。

では妊活中はどうでしょうか?

厚生労働省が推奨する節度ある適度な飲酒とは、1日平均20g程度のアルコールとされています。

妊活中はこれを目安にするのがいいでしょう。

ただ個人によって、アルコールに対する反応は違いますので、注意しましょう。

おおよその量をご紹介しましょう。
・ワイングラス2杯弱(200ml)
・ビールロング缶1本(500ml)
・ウィスキーダブル1杯(60ml)
・日本酒1合(180ml)
・焼酎(25度)グラス半分(100ml)
・チューハイ(7%)缶1本(350ml)

排卵後に注意することは?

妊活のためにと生活リズムを変えたり、生活に制限をかけたりすると余計に身体が負担に感じてしまうことがあるため、基本的にはいつも通りに過ごすことが良いとされています。

しかし、排卵後にいつもと違うかもと感じることがあれば妊娠の可能性も出てくるので、禁酒、禁煙など胎児への影響が少なくなるように心がける必要があります。

昼寝をすることによってミトコンドリアが休むことができ良い
ただし、この場合もストレスがかかりすぎるのはよくありません。

そのため、普段から少しずつ、睡眠や食事、運動などの基本的生活習慣を整えていくことが大切です。

年齢を重ねるとさらに気になる!赤ちゃんと出会う日のために注意すること

年齢を重ねると妊娠が難しくなるといわれますが、年齢と関係なく、なかなか妊活がうまくいかないというカップルもいます。

不妊 冷え性
妊活には妊娠の妨げとなる原因を少しずつ減らしていくことが大切です。

飲酒をすると妊娠しにくくなる?

飲酒と妊娠についてははっきりした飲酒量などのデータは出ていませんが、妊娠をしたら飲酒はしないように心掛けましょう。

お酒好きな女性の場合に招いてしまう酸化ストレス

妊娠 ビール
お酒も飲み方次第で体にデメリットを与えてしまう場合があります。

特に慢性的にお酒を飲んでいる人や、お酒が弱い人の場合、アルコールを分解するときに活性酸素が発生するといわれております。

活性酸素は、病気や老化の原因とも言われています。

この活性酸素が体内で増えるとどうなるかというと、簡単に言えば、釘が酸化して錆ができますよね。

その酸化が体内でも起こり、その酸化をさせるのが活性酸素ということになります。

実際に錆が目に見えて出てくるわけではないですが、体内がそんな感じになっているイメージと思ってもらえると分かりやすいかと思います。

還元力があることが判明している赤ワインの成分

ストレスによっても卵子が老化し不妊につながる
ストレス社会と言われている現代で、ストレスフリーで生活するというのはなかなか難しいことです。

では、活性酸素の増加をどうやって食い止めれば良いのでしょうか。

実は、活性酸素は、還元力を持っているもので増加を防いだり、体外に追い出すことができるといわれています。

還元力を持っている物は多くあるのですが、その中の1つにポリフェノールが挙げられます。

お酒好きの方はピンと来たかもしれませんが、ポリフェノールは赤ワインに多く含まれています。

飲酒で精子の質や力が下がる?

女性目線で飲酒についてまとめてきましたが、妊活は女性1人が頑張るだけでは上手くいきません。

ここから少し、男性目線で飲酒についてまとめてみたいと思います。

お酒好きな男性の場合に不妊原因とお酒との関係

妊活中 お酒
男性は特に、付き合い等もありお酒を飲む機会が多いのではないかと思います。

お酒好きであれば、ついつい飲み過ぎてしまうということもありますが、妊活をしている夫婦にとって男性の飲酒はどのように関係してくるのでしょうか。

男性の飲酒は影響あるの?検査での影響は?

男性の精子を強くする
妊活で考えると、男性の精子はとても重要となります。

先ほどの女性の卵子でも説明しましたが、やはり、飲酒により活性酸素が増えることで精子が損傷される可能性があります。

損傷を受けた場合、精液の量や精子の数、精子の運動率が低下するため、当然妊娠しづらくなります。

やはり、男性にもお酒の影響は大きく出るということになります。

様々なストレスで活性酸素が増える

活性酸素は、身体の様々な部分に不調を与える物質として知られています。

この活性酸素は実は、ストレスが原因で体内で増加していくのです。

赤ワインのポリフェノールは妊活におすすめ

妊活 ポリフェノール
活性酸素に効果的な還元力を持っている物質として既にワインにも含まれているポリフェノールについて紹介しましたが、具体的にどのような作用なのか紹介します。

ポリフェノールの作用

ポリフェノールは紫外線対策のために、陸上に生存する植物が作り出したものです。

ポリフェノールには、酸化を抑える働きがあるため、身体の機能の様々な部分にメリットがあります。

また、ポリフェノールを体内に取り込むことで、美容の維持にもつながります。

アルコール好きな方の適量のワインの飲み方

適度な摂取として1日の平均量を既に紹介しましたが、赤ワインではどれくらいなのでしょうか。

妊娠を目指す夫婦でも可能な赤ワインの適量はどれくらい?

ピニトールって何?
赤ワインでいうと1日2杯までということになるようです。

お酒好きの人にとって2杯は少ないと感じるかもしれませんが、飲み過ぎは逆効果なので、気を付ける必要がありますよね。

ホットワインで中からポカポカに

冷えが苦手な方には冷たいワインよりもホットワインがおすすめです。

調味料としてワインを使う

逆にお酒が苦手という人は、調味料としてワインを取り入れると自然とポリフェノールを体内に取り込むことができるため良いかもしれません。

妊活中の飲酒は絶対にダメ?

サプリ選びに迷う女性
妊活中の飲酒は禁止と思われがちですが、実は、適量飲むことで妊活中にも良いお酒もあるんですね。

再度まとめていきたいと思います。

妊活中の飲酒で上手く付き合う生活とは

妊活におすすめできるワインもある

妊活中におすすめなのは、もちろんポリフェノールが多く含まれている赤ワインですよね。

飲み方を工夫することで更に、身体の調子が良くなるかもしれませんね。

赤ワインを適量飲んで楽しむ

注意しなければならないのが量ですよね。

適量というのが人によって違い難しい所ですが、国が基準を明確にしているため、参考にすると良いですよね。

ちなみに、国が節度あるアルコール量としているのは、1日2杯までです。

これを超えると妊活に悪影響を及ぼす可能性があるので、じっくり味わいながらこの2杯と妊活を楽しめると良いですね。

妊活中のワインは本当に飲んでも大丈夫?

実際に、妊娠してしまった後は、アルコールは胎児に影響を及ぼす可能性があるので、赤ワインを飲むことも控える必要があります。

ただし、妊娠がわかる頃までの適量の飲酒はほとんど問題にならないと考えられています。

夫婦でリフレッシュする時間を持つのも大切

妊活を始める
お酒好きの夫婦にとっては、2杯の赤ワインタイムが癒しの時間やまったりとリラックスする時間になり、より良い妊活につながるのではないかと思います。

アルコールが胎児や身体に与える影響とは?

妊娠するために必要な栄養素
それでもやはり、ビールやワインに含まれるアルコールが胎児に及ぼす影響が気になるという人のために摂取時期と身体や胎児に与える影響について説明します。

妊娠前の飲酒

妊娠前、つまり、妊活中ということになります。この時期は今まで述べてきたように、赤ワインを1日2杯までの飲酒とされています。

ポリフェノールが含まれた赤ワインを摂取することで、身体にメリットもあるということでしたよね。

妊娠超初期の飲酒

妊娠した後、超初期の段階では、逆に、気づかず飲酒してしまっていたという人も多くいます。

全く影響がないとは言い切れませんが、この時期は胎盤がまだ完成していない状態であるため影響は少ないと言われています。

胎児性アルコール症候群の症状

胎児性アルコール症候群になると胎内での成長に遅れがみられ、低体重や低身長で生まれてくる可能性が高くなります。

また、出生後にADHDや難聴、外見の奇形など様々なリスクを抱えてしまう可能性が高くなると言われています。

サプリ活用で妊活のストレスも軽減

あなたに合ったサプリ
妊活中にモヤモヤやイライラを全く感じないというのは難しくなります。

特に、摂取した方が良いとされている栄養を摂らなければと必死になる女性も少なくありません。

もし摂取したほうがよいものにとらわれてしまうくらいなら、サプリメントを利用するのも1つの方法です。

葉酸サプリでしっかりと母体も胎児もサポート

ミトコンドリアの質を上げる食材とは
サプリメントは今や食事を補助し、健康を保つために必須と言われるほど多くの人が摂取しています。

その中でも、妊活中におすすめされているのが葉酸サプリメントです。

サプリメントは薬ではないので、即効性はありません。

そのため、妊娠したいと考えている女性は早めから飲み始め、身体を少しずつ準備していくことが大切です。

葉酸サプリを選ぶ際には、1日に摂取した方が良いとされている400μgが含まれている物、金額的に長く続けることができるものなど考えながら選んでいく必要があります。

ブログも多数!妊活成功体験~出産後までの記事も役立つ

また、葉酸は妊活中だけでなく、出産後にも必要な栄養素の1つと言われています。

葉酸サプリメントについては、多くの人が葉酸サプリメントについてブログなどで情報を発信しています。

是非、参考にし、自分にあった葉酸サプリメントを見つけてみてください。

こちらの記事の監修:河井恵美

河井恵美
プロフィール:
助産師・看護師・保育士
看護師・助産師の免許取得後、大学病院、市民病院、個人病院等に勤務。看護師教育や思春期教育にも関わっていました。

助産師の仕事が大好きで、25年以上この仕事をしています。

青年海外協力隊でコートジボアールとブルキナファソに赴任した後、国際保健を学ぶために大学院に進学・修了。2008年から夫の仕事の関係で、シンガポールに移住。

2人の子どもを育てつつ、現地の産婦人科に勤務し、日本人の妊産婦さん方に関わっています。インターネットでエミリオット助産院を開設しています。

エミリオット助産院についてはこちら
https://emiriot.jimdo.com/